トレーニングメニューの作り方は筋肉サプリメントを飲む上で超重要です!

トレーニングメニューの作り方は超大切です!

筋トレではトレーニングしないと効果も何もないのは当然ですが、トレーニングの効果を最大限に引き出すためにはどのようにトレーニングメニューを組むかが重要です。

筋肉を肥大させるためには、それぞれの筋肉を個別に鍛えます。大別して、脚、胸、背中、肩、上腕三頭筋、上腕二頭筋、腹筋に分かれます。これらの筋肉それぞれの鍛え方以前に、どの筋肉とどの筋肉を組み合わせて鍛えるかを考える必要があります。

いくら筋肉サプリメントを飲んでいてもメニューが良くなければ結果は伴いません。

筋肉サプリメントのすべては当サイトでも紹介しているので勉強をしたうえでトレーニングを開始してください。

全身を一回のトレーニングで鍛える場合であれば、大きな筋肉から順番に鍛えるのが効果的です。大きな筋肉ほどトレーニングするのに大変ですから、疲れるパーツから鍛える方が効果的ですし、効率がいいです。それだけでなく精神的にも楽です。逆に考えてみればよくわかりますが、疲れる種目をトレーニングの後半に持って行くと、精神的に負けてしまいます。そういう面も考えて、疲れる種目やパーツほどトレーニングの冒頭に持って行くようにします。

全身を一回で鍛える場合には、まずは脚から入ることをお勧めします。次に胸、肩、背中、上腕三頭筋、上腕二頭筋、カーフ、腹筋の順番でやるのが理想的です。細かいところの順番を変えてみてもいいですが、全身を一回でトレーニングするのであれば、この順番が理想的です。

全身を一回でトレーニングする方法というのは、一般的には初心者向きの方法です。経験者になるほどひとつのパーツに必要なトレーニングの量が増えますので、一回のトレーニングで網羅するのが難しくなるからです。一回あたりのトレーニング時間に割ける時間は個人差がありますから、どのぐらいがよいかは一概に言えませんが、ベレランの経験者でも、一回のトレーニングで全身をやってしまう人もいます。ただ、かなりの体力とスタミナがないと難しいですから、一般的には中級者から上級者になれば、全身を一回で鍛えるのではなく、全身の筋肉をいくつかに分けて鍛えるのが一般的です。

全身を一回で鍛えるとなると、恐らく5時間から6時間かかりますから、普通に働いているような人だとなかなか時間的にも体力的にも難しいのが実情です。しかし、一回で全身を鍛えるのはある意味効率的でもあります。一辺に疲労する一方で回復も一辺に進むという利点があります。

その利点を活かして、全身を一回で鍛えることの方が効果的だとの意見が一部にありますが、どちらがいいかは自分でやってみないとわからない面もあります。しかし、普通は中級者や上級者になるほど分割して鍛えるようになるのが一般的です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*