疲労回復は筋肉サプリメントの効果を画期的に高めてくれるファクター

疲労回復は筋肉サプリメントを飲む上で避けて通れません

筋トレの効果を最大限に引き出すためにはトレーニングや食事が重量なのは当然ですが、それと同等に必要なのがトレーニングの後の「疲労回復」です。
日本人は勤勉な民俗なせいか、筋トレでもやればやるほど効果的だと考えがちですが、実際にはやり過ぎれば逆効果です。

トレーニングのやり過ぎをオーバーワークと言います。オーバーワーク状態が慢性化すると、効果を上げるどころか、筋肉が小さくなってしまうこともあります。
一見すると、筋肉が小さくなるのはトレーニングが足りないからではないかと誤解しがちですが、単にやり過ぎであることが多いです。その場合、まず必要なのが一度溜まった疲労を完全に取り除くことです。

完全に疲労を取るにはまずは一週間ほど完全に休んでしまった方が早いです。休まずにそのまま続ける場合は、トレーニングのボリュームや強度を一度大幅に下げてから、もう一度建て直す必要がありますが、一番効率がいいのは一度完全に休んでしまうことです。

しっかりと疲労回復をしなければ筋肉は休まりませんから、筋肉サプリメントの効果も発揮できないのです。

正しい筋肉サプリの飲み方を読んでトレーニングを開始してください。

どんなに疲労が溜まっている状態でも、一週間から10日も休めば疲労は取れます。疲労というのは、筋肉の疲労以上に、神経系の方が時間がかかります。

筋肉の発達というのは疲労が回復した後に起こる現象です。トレーニングをすると筋肉繊維が破壊されて、その修復の過程で発達しますが、トレーニングによってダメージを受けるのは筋肉だけでなく、神経系以外にも内蔵などの内部器官の疲労回復も必要です。

疲労回復というのはなかなかに複雑なプロセスを経て実現しますから、このパターンが崩れるとちょっと厄介な展開になりますので、オーバーワーク状態を放置しない方がいいです。

筋肉の回復には48時間かかるという説が昔から言われています。もともとこの48時間の根拠というのが、1800年代にイギリスのチャールズ・アトラスという人が筋トレの通信教育をj始めるに当たり、一回のトレーニングで全身を鍛えて、それを週に3回やるのが効果的だと説いたことが発端になっています。

大して科学的な根拠があったわけでもなく始まったこの48時間説ですが、その後の研究によって、当たらずとも遠からずとでもいうべきものであることがわかってきました。

かつての先人たちが試行錯誤でやったことが、後になってみると案外正しいことが多いです。現在普及しているトレーニング法の多くは科学者たちが頭で考えたものではなく、アーノルド・シュワルツェネガーらの時代、あるいはそれ以前の先人たちが試行錯誤しながら作ってくれたものが多いです。科学者はそれを後追いして証明しているに過ぎません。


現役○○トレーナー!筋肉サプリメントランキング2017【完全保存版】⇒

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*