筋肉サプリの疑問

筋肉サプリメントの力を発揮できるかは身長によっても変わる?!

慎重は筋肉サプリメントの効果に影響を及ぼすのか

筋トレをやると身長が伸びないとよく言われています。これは本当です。専門家の中には、筋トレをやると身長の縦軸に刺激を与えるから身長がかえって伸びると主張する人もいますが、現実を見れば、身長が伸びることの方が少ないです。伸びたとしても、筋トレをやらなければもっと伸びたはずです。

実際によく聞く話ですが、筋トレをやって身長が縮んだというのも少なくない実例です。
重いものを持ち続けるわけですから、常識で考えても慎重が伸びるとは考えにくいです。

筋トレを始めるのには、何歳がいいのかということが議論になりますが、どんなに早くても14歳か15歳ぐらいからです。
それよりも早く始めたとしても、子供だとホルモンの関係で筋肉が発達しにくいですし、成長期だと骨が変形しやすいですから、早過ぎるのは禁物です。

何でも早く始めた方が有利だと思いがちです。競技が出来る寿命が短いスポーツならそれも当たっていますが、筋トレみたいに長く出来る運動だと早ければいいというものでもありません。

近年はスポーツ寿命が全体的に伸びていますから、スポーツ全般として、早く始めればいいというものではない傾向がありますが、筋トレはその中でも特にその傾向が強いです。

筋肉サプリメントの効果に慎重派関係がありません。

成長期に骨格の成長に合わせて早く始めるのが有利という面があるとしても、それでも14歳か15歳あたりからが許される最速です。

実際、15歳でスタートしても30歳でスタートしても最高到達点に変わりはありません。

30歳でスタートしても40歳まで10年、50歳まで20年もあります。筋トレの効果を最大限に引き出すのに十分な期間です。

ここまでは筋トレをやると身長が止まるかどうかの話でしたが、筋トレで効果を上げやすい身長というのがあります。筋トレについてある程度知識がついてくると、プロのボディビルダーやジムにいる筋肉が大きい人やパワーリフターなどの身長が意外に低いことに気づくころでしょう。

もともと身長が低い人が筋トレをやる確率が高いのではないかと思うかもしれませんが、ジムに行けば背の高い人はいくらでもいます。アメリカなんかに行けばなおさらです。
しかし、それでもプロのボディビルダーで成功している人たちで一番多い身長は173センチぐらいの人たちです。

アーノルド・シュワルツェネガーやルーフェリーノはボディビルダーとしてはかなり身長が高い人たちですが、シュワルツェネッガーは実寸で183センチぐらいです。ルーフェリーノは公称が196センチで、実寸でもかなり高そうですが、あれほどの身長でありながらボディビルダーとして成功したのはルーフェリーノただひとりですから、かなり稀有な存在です。

筋トレで効果を上げやすい人の身長が高くないのは、縦横の比率と筋肉の長さやピーク、筋力の伸び率などが関係しているようです。
普通の体を鍛えているわけでもない人でも、がっしりしている人というのは背が高くないことが多いことからも統計が証明しています。

筋肉サプリメントの効果をアップさせるトレーニング頻度はどれぐらいが最適?

筋肉サプリメントの効果をあげるのに良いトレーニング頻度

筋トレはやればやるほどいいわけではありません。多過ぎればオーバーワークして、かえって逆効果です。どれぐらいの頻度でやるかを考える必要があります。

同じ筋肉につき、最低でも48時間は間隔を空けた方がいいです。この48時間というのは、もともとは、筋トレの先駆者のひとりであるイギリスのチャールズ・アトラス氏が19世紀に世界初の筋トレの通信教育をするに際して、全身の筋肉を一度に鍛え、それを週に3回やるのが効果的と提唱したことが発端でしたが、現在では、この48時間の根拠として言われているのが、トレーニングした後のタンパク合成に要する時間が48時間から72時間かかるからというのが理由になっています。

しかし、タンパク合成にかかる時間が48時間から72時間であっても、これだけでトレーニング頻度を決めてしまうわけにも行きません。実際にやってみて、もっと疲労回復に時間がかかると感じるならもっと休んでかまいません。

筋トレにおける研究では、人体を使っての実験というのはかなり難しいので、検証例としては不十分です。その代わりに使われている実験方法がマウスなどを使った動物実験です。しかし、マウスを使った実験結果がどれほど人間に当てはめられるかは未知数な面が強いです。そのため、マウスを使った実験結果がどれほど人間に適用出来るかは、推測によって行なわれています。

実際に人間に強力してもらってのトレーニング効果の検証なども行なわれていますが、本格的にやろうとしたら、膨大な人数が必要ですし、効果などを検証するためには同じ程度の体格の人や素質の人たちを揃える必要があるだけでなく、それなりの期間、検証しないとならないですから、現実的ではありません。それで、代わりに使われているのが、マウスを使った実験やこれまで積み上げて来た検証例を元にした推測です。

こういう実験手法というのは筋トレだけでなく、幅広い分野で使われている手法です。

筋肉サプリメントの効果はトレーニングの頻度によっても大きく変わってくるのです。

それで、トレーニング頻度としてどれぐらいが最適かを考えると、それぞれの筋肉群を週に2回か、多くても3回程度だと言えるでしょう。最近のトレーニーは、それぞれの筋肉群を週に1回のパターンでやっている人が多いですし、それで効果を上げている人も多いですから、昔から言われている週に2回から3回というのを基準にして自分で試してみることをお勧めします。

それぞれの筋肉群を週に1回から3回だとしても、実際には分割してトレーニングすることが多いですから、週にトレーニングする回数としては、4回から6回あたりの人が多いでしょう。

疲労回復は筋肉サプリメントの効果を画期的に高めてくれるファクター

疲労回復は筋肉サプリメントを飲む上で避けて通れません

筋トレの効果を最大限に引き出すためにはトレーニングや食事が重量なのは当然ですが、それと同等に必要なのがトレーニングの後の「疲労回復」です。
日本人は勤勉な民俗なせいか、筋トレでもやればやるほど効果的だと考えがちですが、実際にはやり過ぎれば逆効果です。

トレーニングのやり過ぎをオーバーワークと言います。オーバーワーク状態が慢性化すると、効果を上げるどころか、筋肉が小さくなってしまうこともあります。
一見すると、筋肉が小さくなるのはトレーニングが足りないからではないかと誤解しがちですが、単にやり過ぎであることが多いです。その場合、まず必要なのが一度溜まった疲労を完全に取り除くことです。

完全に疲労を取るにはまずは一週間ほど完全に休んでしまった方が早いです。休まずにそのまま続ける場合は、トレーニングのボリュームや強度を一度大幅に下げてから、もう一度建て直す必要がありますが、一番効率がいいのは一度完全に休んでしまうことです。

しっかりと疲労回復をしなければ筋肉は休まりませんから、筋肉サプリメントの効果も発揮できないのです。

正しい筋肉サプリの飲み方を読んでトレーニングを開始してください。

どんなに疲労が溜まっている状態でも、一週間から10日も休めば疲労は取れます。疲労というのは、筋肉の疲労以上に、神経系の方が時間がかかります。

筋肉の発達というのは疲労が回復した後に起こる現象です。トレーニングをすると筋肉繊維が破壊されて、その修復の過程で発達しますが、トレーニングによってダメージを受けるのは筋肉だけでなく、神経系以外にも内蔵などの内部器官の疲労回復も必要です。

疲労回復というのはなかなかに複雑なプロセスを経て実現しますから、このパターンが崩れるとちょっと厄介な展開になりますので、オーバーワーク状態を放置しない方がいいです。

筋肉の回復には48時間かかるという説が昔から言われています。もともとこの48時間の根拠というのが、1800年代にイギリスのチャールズ・アトラスという人が筋トレの通信教育をj始めるに当たり、一回のトレーニングで全身を鍛えて、それを週に3回やるのが効果的だと説いたことが発端になっています。

大して科学的な根拠があったわけでもなく始まったこの48時間説ですが、その後の研究によって、当たらずとも遠からずとでもいうべきものであることがわかってきました。

かつての先人たちが試行錯誤でやったことが、後になってみると案外正しいことが多いです。現在普及しているトレーニング法の多くは科学者たちが頭で考えたものではなく、アーノルド・シュワルツェネガーらの時代、あるいはそれ以前の先人たちが試行錯誤しながら作ってくれたものが多いです。科学者はそれを後追いして証明しているに過ぎません。

効果的な分割法の組み方を知っていれば筋肉サプリメントの効果をあげられる!?

分割法で筋肉サプリメントの効果をアップさせよう!

筋トレ中級者から上級者になれば、トレーニングメニューを作る時に、全身を一回で鍛えるのではなく、全身をいくつかに分けて鍛えるのが一般的です。

全身をいくつかに分けるのがいいとわかっても、それをどのように組むかを考える必要があります。ただやみくもに分割しただけでは、いろいろと弊害が起きてしまいます。

まず考えなくてはいけないのが、大きな筋群と小さな筋群をどう組み合わせるかで、効果の面でも重要であり、ケガを防止するためにも筋群の組み合わせ方で大きな差が出ます。

全身の筋肉は大きく分けて、脚、胸、肩、背中、上腕三頭筋、上腕二頭筋、カーフ、腹筋という具合に分けられます。これらをどのように組み合わせるかが重要です。

脚についてはそれだけ単独でもいいでしょう。脚というのは全身の中で一番鍛えるのにエネルギーが必要なパーツですので、脚の日は脚だけ、という人が多いです。中には、脚だけでなく、全身一辺にやってしまうことが出来る人もいますが、やはり少数派です。

分割するについて、いくつに分けるかという問題もあります。2分割、3分割、4分割、5分割、などなど、いろいろな分割方法があります。どれがよいかは個人差もかなりあります。

2分割であれば、脚とそれ以外という分け方もありますが、脚の日はともかく、別の日が上半身全部になりますので、ちょっとバランス的にも体力的にも苦しいかもしれません。
それを考慮して、脚と組ませるとしたら、背中と上腕二頭筋が適しています。まずは脚を鍛えて、その後に背中、上腕二頭筋の順番で鍛えます。別の日に胸、肩、上腕三頭筋、の順で鍛えます。カーフと腹筋についてはどちらの日であっても、適宜入れておけばいいでしょう。

2分割であれば、このような組み方になりますが、3分割にするなら、一回当たりのトレーニングの負担を減らすことが出来ます。

3分割であれば、脚の日は脚だけにするのがいいでしょう。脚の日、胸と肩と上腕三頭筋の日、背中と上腕二頭筋の日の3分割です。
大抵の場合、3分割程度までで十分ですが、さらに細かく分ける人もいます。

分割しても全身一回の場合でも言えることですが、鍛える順番は常に大きな筋肉から、という原則を守る必要があります。例えば、胸と肩と上腕三頭筋を鍛える日だとして、まずは胸から鍛えて、次に肩、その次に上腕三頭筋に順番で鍛えるのは効果的です。

これを仮に逆にしてしまうと、本来の効果を引き出せなくなりますから注意が必要です。胸を鍛える前に上腕三頭筋を鍛えたり、肩を鍛えてしまうと、胸をやる時にはすでに上腕三頭筋や肩が疲れていることから、十分な強度で胸を鍛えることが出来なくなってしまいます。これは、背中の前に上腕二頭筋を鍛えてしまっても同じことが言えますから注意が必要です。

この分割法は筋肉サプリメントの効果を上げる上でも非常に重要なのです。筋肉サプリメント.comで書かれている事を愚直に実践して結果にコミットしましょう!

筋肉サプリメントと相性が良い食事5選

食事は非常に重要!筋肉サプリメントと相性が良い食事って?

筋トレの効果を最大限に引き出すために重要なのが「食事」です。食事が筋トレに占める割合が70%とか80%とか言われますが、トレーニングした上での話ですから、トレーニングをしないで、ただ、食事法にだけ気を付けても効果はありません。トレーニングあってこその食事です。

筋トレをやっているからといって、特別な食事が必要なのではなく、タンパク質やミネラルなど、必要な栄養素をしっかりと摂ることです。

筋肉は70%が水分、25%がタンパク質、5%の無機質で構成されています。70%が酢水分なわけですから、水分をしっかりと補給すべきは当然としても、水分の次に多い「タンパク質」をどのように効果的に摂取するかで、トレーニング効果が大きく違ってきます。

タンパク質の必要量は体重1キロにつき、2グラムが目安です。体重が60キロの人ならタンパク質を1日120グラムあたりが目安になります。実際には死亡除去体重1キロに
つき2グラムですから、体重60キロの人が120採れば、1キロにつき2グラム以上になりますから必要十分です。どうしてもタンパク質だと、多めに採る人が多いですが、
どんなに多くても1キロあたりせいぜい3グラムまでです。多く採り過ぎても、体外に排出されてしまいます。体が吸収出来る量には限界があります。

タンパク質の具体的な摂取方法として重要なのは、1日に4回から6回ぐらいに分けて採ることです。1回で吸収出来るタンパク質の量は20グラムから30グラムぐらいだと
言われていますが、それだと1日に300グラムぐらい採る人だと矛盾が生じますから、実際には50グラムぐらいは採って大丈夫でしょう。

タンパク源になるものとして挙げられるのは、肉、卵、魚、牛乳あたりが主要なものです。
これらを主食として、プロティンパウダーとして販売されている粉状のタンパク質を補助として採ればいいでしょう。

筋肉サプリメントと相性が良い食事を採る事で効果もアップする事ができるのです。

詳しくは、当サイト筋肉サプリメント.comでも案内していますので参考にしてみてください。

プロティンパウダーとして多種多様な商品が販売されています。よく知られているメーカーのものであれば、吸収性等、信頼出来ます。最近の傾向としてはホエイプロティンが人気です。しかし、ホエイプロティンに限定する必要はありません。好みで決めれば十分です。

大豆タンパクの製品ですと、油分ゼロなので、女性アスリートに特に人気があります。

タンパク質が筋肉の主要構成要素ですが、トレーニングの時に筋肉のエネルギーになるのは炭水化物ですから、この炭水化物を十分に採る必要があります。炭水化物源として一番お勧めなのが「お米」です。パンやジャガイモも炭水化物源として優秀ですが、日本人はやはり「米」です。