筋肉サプリの知識

健康第一!筋肉サプリメントは体の状態がとても影響します

健康なしには語れない筋肉サプリメント

zyoutai1

筋トレをすることによって体が引き締まることはもちろんですが、その他にも私たちの健康につながる要素が沢山あります。一つ目は何と言っても今話題の生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防ができるという事です。今や、小学生にも生活習慣病が増えてきている時代です。現在の日本の環境では子供が外で遊びまわるという事が難しく、ゲームやネットの普及により体を動かすことに苦痛さえ感じる人も多いようです。

その様な状態では生活習慣病にかかるのは時間の問題といえるでしょう。ハーバード公衆衛生大学院の調査によると、一日30分の筋トレを週5回続けると、糖尿病の発症リスクは34パーセントも低下することが分かっています。もうすでに糖尿病が発症している人も筋トレをすることによ血糖値の改善をすることができるようです。

血糖値だけでなく高血圧や高コレステロール値の改善にさえ筋トレは効果を発揮するとのことです。次によくあげられるのはストレスの発散としての筋トレ。筋トレをすることによりストレスを軽減する効果は実際に証明されています。何かスポーツをするとなると道具や場所、時間となにかと準備が必要なものですが、筋トレは一人でできます。場所もさほど必要ではありませんし、効率的な筋トレをすることにより時間も15分から30分程度で十分な効果を得ることができます。次の話は現代人には覿面な話題です。筋トレは姿勢を良くすることにもつながるのです。

zyoutai2

現代人は便利な家電にたより、日ごろの生活ではほとんど筋力はつきません。加えてスマホやパソコンを使用する際には前かがみな姿勢が続き、猫背や前方になっている人が多いです。筋力の無い体では正しい姿勢を維持することは難しいです。姿勢が悪いといい事はあまりなく、悪いことは山ほどあります。

体調への影響、精神衛生への影響、人からの評価にも影響するでしょう。健康や自分の評価にも影響する姿勢を正しく保つに効果的な筋トレはスクワットです。全身の筋肉を均等に鍛えることにより体をまっすぐ保つのが楽になります。次の内容は姿勢にもいくつか共通するところがあるのですが、体の痛みを軽減できるということです。

腰痛や関節痛といった体の痛みは筋力の低下によるものが多く、筋力が低下し、姿勢が悪くなり、間接に負担がかかることにより痛みにつながるといった悪い流れにより痛みを感じることになります。人間には最低限の筋力が必要です。それを筋トレによってつけることにより、現代人の体の悩みの解消することにつながるのです。

健康を保てているからこそ筋肉サプリメントを飲み続けて筋肉をつけられている。という事をしっかりと理解して行動をしてください。

筋肉サプリメントを飲み始める前に知りたい重要な真実

筋肉サプリメントでの筋トレを始める前に知っておきたい重要な事

zyuyou1

筋トレをする際に、とりあえず腕立てとか、腹筋とかしてしていませんか? もちろんこれでも筋肉はつきます。ただ、効率がいいかというとそうではないのです。
トレーニングをする際には、まずどの筋肉を鍛えるのかを明確にしなければ行けません。例えば、ものを持ち上げるための筋力を鍛えたいのか、瞬発力を上げるための筋力を鍛えたいのとでは、やるべきトレーニングは違ってきます。
ただ単に運動不足を解消したいだけであれば、腕立て腹筋背筋をこなすだけでも十分でしょう。

ですが、筋トレをするということはなにか明確な目的があるはずなのです。夏に向けての体づくりしかり、ダイエットしかり、こうなりたいというゴールがあるわけです。それを明確にしない限りはどんなにトレーニングをしても時間の無駄になってしまいます。なぜなら、求める筋肉とは違う部位を鍛えているかもしれないのですから。胸筋を大きくしたいのに、腹筋だけをする人はいませんよね。つまり、鍛えたい部位とその周辺の筋肉を意識的に鍛えるだけでトレーニングの質は格段に変わるのです。自分がどの筋肉を使っているのかがわかるのですから、あとはその部位に負荷がかかる動きをするだけでどんどん鍛えられていきます。

筋肉サプリメントでのトレーニングを始める前には絶対に意識をしておいてください!

zyuyou2

トレーニングで重要なのは続けることができるメニューを作ること。自分が今どの程度の筋力を持っていて、どの程度までなら毎日できるかをしっかりと考えることが大切です。例えば一日腕立て千回のメニューを設定したとします。腕立て100回を10セットでも、10回を100セットでも構いません。最初の一日目はノリと勢いでなんとなくやってみるでしょう。

ですが、二日目に入ると大半の人が回数を減らすはずです。僕ならそうします。だって、前日に千回もしているんですから、ちょっとくらいという気になりますよね。勘違いしては行けないのはトレーニングは数をこなすことが重要ではないのです。一番意識しなければ行けないのは、鍛えたい部位を継続して鍛えることがです。

まずは、毎日数回でもいいので続けれるトレーニングを一週間はやってみてください。その後で、できることをどんどん増やして行けばいいのです。筋肉を鍛えるには当然時間はかかるのです。短期間でムキムキになりたいなら、一日中ジムに通うしかありません。自宅で理想の体になることを目的とするのならば、まずはその理想を明確にするところから始めてみてください。ゴールが見えていれば、あとは寄せるだけなのでがむしゃらにやるよりは近道です。そして、筋トレの最も大切なことは継続する強い意識です。それさえ持っていれば、あなたは必ず理想の体を手に入れることができるはずです。

筋肉サプリメントの効果が現れるか否かは素質による?!

筋肉サプリメントで筋肉がつくかは素質にもよるの?

sositsu1

筋トレでどこまで筋肉が大きくなるか、どこまで筋力を強く出来るかは、持って生まれた素質によってかなりのところ左右されます。努力だけでは如何ともし難い現実があります。努力だけでどこまでも伸びてくれたらいいですが、現実にはそうではありません。

素質を評価する方法にもいろいろあります。骨格の大きさ、太さ、筋肉の長さ、密度、神経系の強さによっても効果が変わってきます。

日本人よりも欧米人の方が筋肉が大きくなりやすいのはやはり民族的な素質によるところが大きいです。

しかし、日本人や中国人、韓国人のようなアジア人の方が欧米人よりも神経的な耐久力ははるかに優れているようです。実際に外国のトップクラスのボディビルダーが日本に来ると、日本人の練習量の多さや強度が強いことに一様に驚きます。

sositsu2

素質があるかないかで筋肉サプリメントの効果がでるかどうかは変わるのでしょうか。

確かに、もともと筋肉量が多い人は筋肉サプリメント.comに書かれている事をしっかりと読んで飲み続けていけばまず効果は実感できるはずです。

日本人を始めとしたアジア人は先天的に強度の強いトレーニングなどに耐えられるように出来ているようです。ボディビルみたいな筋トレじゃなくても、他のスポーツでも日本人の練習量の多さに欧米人たちは一様に驚きます。野球では大リーグが一番進んでいると思われていますし、実力的にも確かにその通りではありますが、練習法が大リーグが一番正しいとは限りません。

よく日本の野球評論家たちが大リーグの真似をすることに否定的な意見を言うことがありますが、日本人にとっては大リーグの練習法では足りないという面を指摘していることが多いです。実際、日本人の目で見ると、外国人の練習量だと物足りない面があります。

筋肉が大きくなる素質では欧米人にはかなわなくても、日本人には神経系の強さがあるというアドバンテージがありますから、それを活用すべきです。

sositsu3

筋肉が大きくなる素質、力が強くなる素質というは厳然とあります。陸上選手として成功するのはもともと走るのが速い人です。
もともと鈍足だった人が努力でスプリンターとして成功したなんて話を聞いたことがないでしょう。

日本ハムファイターズの大谷翔平選手が野球選手として素質や才能に恵まれているのは誰の目にも明らかですが、大谷選手よりも努力している選手なら世の中にいくらでもいるでしょう。

大谷選手があれほどの選手になれたのは本人の努力や運によるところが大きいとしても、持って生まれた素質のおかげであることが一番に大きな要素です。

到達出来る筋肉の大きさや筋力の到達点は素質によって決まります。筋肉の発達の最高到達点は先天的に決まっています。100%が最高なわけですから、その100%を引き出すまでが限界です。素質を開花させることは出来ても、素質を後から足すことは出来ませんから、筋トレで引き出せるのは素質の限界までです。こう聞くと、夢がない話のように聞こえるかもしれませんが、素質の最大限まで引き出すというのは大変なことです。

還暦をすぎた68才おじいちゃんでも筋トレと筋肉サプリでマッチョに

還暦をすぎたおじいちゃんでも筋肉サプリと筋トレでマッチョになれる!

kanreki1

年齢68歳の男性です。35歳くらいの時は、おなかポッコリ、体重は85kg、体脂肪率は27でした。健康診断では、血糖値が高めで、精密検査を繰り返していましたが、糖尿病のレッテルは何とか逃れていました。結婚して子供でき、このままでもいいかなと思っていました。そんな生活でしたが風邪をひきやすく、季節の変わり目には必ず医者の世話になっていました。

定年を5年後に控えた時に、会社主催で退職後の暮らし方や年金についての講習会があり、同じ年齢の人達と参加しました。いろいろな体型の人がおりましたが、参加者同士での話題は健康に関することが中心でした。そんなことを経験してから、少し、健康に注意するようになりました。取り組んだのは、通勤で階段を使うこととできるだけエレベーターやエスカレーターうを使わないことです。これだけでも、体重は76kg、体脂肪率は24くらいまで減りましたが、そこで止まってしまいました。おなかポッコリは相変わらずです。それでも、風邪をひく回数が少し減ってきたように感じました。もう少し、何かやればさらに改善するかもしれないと思うようになり、筋トレを始めました。筋トレといってもジムに通うわけでもなく、ホームセンターでダンベルを購入しただけです。1kgのものを用意したのですが、最初は腕を真上に挙げることは10回もすると疲れてしまう状態でした。休日だけでしたが、1か月ほど頑張ってみたら、少しづつダンベルが軽く感じるようになり、だんだん時間も長くすることができるようになってきました。

kanreki2

この段階でも、体脂肪率は24-25とあまり変化がありませんでした。体重も、あまり変化しませんでしたが、内臓脂肪が10から8まで減ってきました。この頃から、毎日、朝晩の2回体組成計に乗り、その結果を記録するようにしました。どの数値も悪化しないということは良いことだと思って、階段の上り下りとダンベル運動を継続していました。最初は、あまり変化がなくても、”継続は力”ということで、定年の2年前には体重が65kg、体脂肪率は18、内臓脂肪も7になり、BMIが22の標準体重になり、おなかポッコリもほぼ解消しました。

当然筋肉サプリを飲む事おも続けています。

こんなことを経験すると、さらに意欲が出てくるようになり、腹筋や背筋を鍛えたり、階段も一段飛ばしで登り、歩く際に腕の振りを大きくして速度を速くするようにしました。こんなことから、現在では、体重64-65kg、体脂肪率16、内臓脂肪6-7となり、腰の括れもはっきりし、上半身の筋肉も盛り上がってきました。もちろん、いわゆる筋肉もりもりとは言うわけではありませんが、同じ年齢の方と比べたら、十分自慢できる状態です。この間、食事についてはあまり気を使いませんでしたが、野菜と肉魚のバランスを妻が考えてくれていたようです。長い時間がかかりましたが、無理はしないで体が求めるままに階段と利用しダンベルも2kgと重くしても苦にならない程度で、おなかポッコリが解消して、年齢以上の体型が実現できました。

筋肉サプリを飲み続けて筋トレをすれば必ず筋力はアップする

生活の中に筋肉サプリを当たり前に取り入れて筋トレもする事で筋力はアップする

seikatsu1

筋肉は伸展させたり収縮させたりし、それを何度も行う事によって発達していきます。
よりよく効率の良いやり方は、例えば腕だとするとダンベルなどを上に持ち上げる時は少しスピードを速くし収縮している事を感じる位置まで曲げます。下げる時はゆっくりと筋肉が伸ばされているのを感じながら下げていきます。

筋肉サプリは生活に必ず必要な物ですし、その他にもこれは腕だけではなく全身に通じるやり方です。
筋肉量を増やすにはタンパク質が必要な為、食事は高タンパクを心がけた食事にします。
これさえ守れば身体の発達は進んで行きます。

皆さんはどのようなトレーニングをして筋肉をつけていますか?腹筋や腕立て伏せ、他には体幹を鍛えるトレーニングやバランスボールを使ったトレーニングなどもありますよね。人によっては3ヶ月もあれば筋肉がついてくる人もいます。筋肉は代謝アップにも繋がりますので1度筋肉がついてしまえばダイエット効果も期待できそうです。ですが、筋トレをしていても一向に筋肉がつかないという人も中にはいるのではないでしょうか?もしかしたらその人達は筋トレの方法が間違っているのかも知れません。では効率よく筋肉がつく筋トレ方法と食事について紹介していきたいと思います。

seikatsu2

まずは筋トレ方法です。皆さんは腹筋をする時にどのくらいの回数をしているでしょうか?毎日腹筋を100回やったりダンベルカールを100回やってもあまり効果は見られません。それよりも少ない数でいかに負荷をかけてトレーニング出来るかの方が大切で筋肉がついてきます。1回にトレーニングをやる回数は10回ほどが良いと言われています。ですが10回やっただけではだめです。10回やったら1分ほど休憩してもお10回、また1分休憩してまた10回。とやる方が効率が良いです。どうして10回の筋トレを3セットもやるのかと言うと、筋肉が疲れきらないと効果がないからです。そしてそれと同時にしっかり筋肉を休ませてあげることです。筋肉というのは十分に疲れさせ、回復させる時に出来上がります。腕や腹筋の場合は1日あける程で回復が出来ますが、足や胸、背中の筋肉は回復が遅いので2・3日ほどあけて下さい。初めのうちは筋肉痛があると思いますが筋肉痛の時は無理をせず治ったらトレーニングするようにしましょう。次は食事についてです。

seikatsu3

そして筋肉サプリを飲み続けていくことも非常に重要なことです。
細い人で筋肉をつけたいと思っている人は、まずトレーニングをする前に食事をしっかり取って下さい。トレーニングする事も大切ですが栄養を取ることを大切です。あるスポーツ選手もトレーニングをやると同時によく食べる事も必要だと言っていました。玉子や豆腐・納豆は筋肉を作るためのタンパク質やアミノ酸をたっぷり含んでいるので多めに摂取したいでね。他にもトレーニングをした後にはレモンやお酢を摂取することをおすすめします。なぜかと言うと、この2つはトレーニングで破損した筋繊維の再生成や疲労物質となる乳酸の除去をする働きがあります。特に乳酸の蓄積は筋肉痛を引き起こすことがあるので、ぜひクエン酸が豊富なレモンとお酢で筋肉をのアフターケアをしてあげて下さい。

筋肉サプリを飲む事を忘れないでください。

お金をかけないで筋肉を増やすには筋肉サプリメントが最適!

お金をかけない筋肉トレーニングに最適な方法とは

okanewokakenai1

よく最近では、ジムなどが流行っています。
ジムは完備もしっかりしているし、トレーナーも多数在籍しており分からないことは聞けばどうにかなるのでとても便利な所です。
しかし体を鍛えたいのであれば場所など関係ありません!!
今はトレーナーなどいなくてもネットで調べれば大抵の事は乗っていますし、それに機械など使わなくても体を鍛えられる事は可能なのです。
機械は使いやすい。カッコイイ。飽きない。と様々な理由があると思いますが、確かに機械を使ってトレーニングはとても楽しいですし効果が早く出るような気はします。
しかし筋肉というのはすぐにつくものでもないですし、簡単な事ではないのです。簡単であればみんな筋肉質になってますしね。
ですので、地味に家などでお金を掛けずにトレーニングをしていても良いのです!
家でトレーニングのメリットとしては移動時間がない。移動時間があるなら、少しでもトレーニングできますよね。
そして最大のメリットがケガをする確率が機械を使った時に比べて少ない!と言うことです。
自分の体の重さを使っての運動はケガも防げて体も鍛えられると一石二鳥なのです。
ですので私はジムに行くのもリフレッシュが出来て良いとは思いますが、家などで自分の体を使ってトレーニングをする事をお勧めします。

okanewokakenai2

次に自分の体を使ってどんなトレーニングをしたらいいかですが。
沢山ある中で数個紹介したいと思います
まず1つ目は【腕立て伏せ】
誰もがしっている腕立て伏せですが、やり方は多数あります、脇を絞めてする腕立ては主に上腕三頭筋を鍛えます。これでプルプルの二の腕は解消されるでしょう。
そして、逆に脇広げてやる腕立て伏せは上腕二頭筋を鍛えられ、力こぶを大きくすることができます。
二つともしっかりとまっずくな姿勢でできない場合は膝をついてやってもかまいません。
そして、回数などは無理をせずに出来る回数にしましょう。
無理せずやって長くやる事がもっとも筋肉を付ける近道だからです。
そして、みなさんが勘違いされがち特に女性なのですがダンベルなどを使う時、軽いものでやれば腕は細くなると思っている方がいますが、軽い物を使っていても数を多くすれば重い物を使ってやっていると同じ効果になっているので、お気を付けください。
また逆に筋力をつけようと軽い奴を100回やるより重い物を20~30回やった方が効果は出ますし、効率的ですので、みなさん、ぜひ効率的そして怪我なく、楽しくトレーニングをして健康な体つくりをしていってください。

そして筋肉サプリメントを飲むことで効果をあげるのが一番なのです。

筋肉サプリメントでダイエットを兼ねて筋肉トレーニング

ダイエットが目的の筋トレには筋肉サプリメントが一番

diet1

私が懸命に取り組んだ筋トレ体験は二つあります。
一つはスポーツで活かす為に行った筋トレです。
もう一つはダイエットを目的とした筋トレをしました。
筋肉を付ける目的によって筋トレの内容は違います。
なので一口に筋トレと言っても私は二種類の筋トレを経験しました。
まずスポーツに活かす為の筋トレですが、これはスポーツで結果を出す為に筋肉を付けたので、最終目標はバキバキに筋肉が着いた体でした。
全身の筋肉を徹底的に鍛えました。
腕の筋肉は腕立て伏せ・500mlのペットボトルを持って走るように腕振り・鉄棒で懸垂を行いました。
腹筋にも沢山種類があり、腹筋の表面を鍛えるものや、体の奥の腹筋(深腹筋)を鍛えるもの等、10種類の腹筋を行いました。
また、効果的に鍛える為に通常の腹筋・背筋を行う時には、段差のある所で行い上半身が絶対に地面に着かない状況で行いました。
これ以外の部位に関しても、一種類だけでなく様々な方法で行うことで、バランス良く強い筋肉を付けました。
重りを着けたり様々な負荷を掛けて行うなど工夫しました。
更にバキバキな体を目指していたので、効率よく筋肉を付ける為に筋トレをした後はプロテインを飲んでいました。
沢山トレーニングをするので、体が痛め付けられます。
なのでマッサージをしてケアしながら日々筋トレを行っていました。

diet2

そしてもう一つのダイエットを目的とした筋トレですが、まずは脂肪を落とすことから始めました。
筋肉が脂肪の上についてしまうと、脂肪が落ちなくなってしまうからです。
ウォーキングである程度脂肪を落とした後に体を引き締め、更にリバウンドしない体を作る為に筋トレを行いました。
スポーツの為に筋肉を付ける時とは違って、少し易しい筋トレです。
この時は腹筋をするにしても、腰を痛めない方法を優先したりして行いました。
過剰な負荷を掛けてしまうと体を痛めるので、そうはならない程度にしていました。
更に様々な種類を取り入れることなく、一般的な筋トレのみを行いました。
そしてバキバキ体型を目指して毎日トレーニングしていた時とは違い、三日トレーニングして一日休むペースで行っていました。
筋肉を付ける目的も、それに合った方法も様々ですが、筋トレをする上で大切なのは、しっかり呼吸をしながらゆっくり行うことです。
腹筋一つを取っても、早いペースでやればいい訳ではありません。
寧ろゆっくり体を倒し、ゆっくり体を起こした方が効果があります。
そしてもう一つ大切なのは、鍛えている部位を意識しながら行うことです。
よく音楽を聴きながら、など何かをしながら同時に行うなんてこともありますが、しっかり意識してやることでより効果が生まれます。

筋トレをするメリットはこれだ!まずは筋肉サプリメントを飲もう!

筋肉のついた逞しい肉体は男女問わず、誰でも憧れるものです。

merit1

ここでは男性が筋肉を鍛えるメリットを考えていきます。
まず、女性受けしやすいというのが最大のメリットではないでしょうか。女性によってはあまり筋肉ムキムキの体は気持ち悪い、怖いと言う人がいますが、多くの女性は筋肉質な男性には多少なりとも興味をそそられるようです。積極的なタイプの女性なら、初対面でも腕の筋肉を触ろうとしてきたりしますので、一気に親密度が上がるわけですね。
また、筋肉を付けて均整の取れた体型をしていると、普通の何てことないTシャツを着ているだけであっても、格好良く見えるという事もあります。貧相な体をした男性があれこれコーディネートに苦心して着飾ったところで、清潔でシンプルな格好をしたマッチョには勝てないというわけです。
筋肉サプリメントを飲みながらもトレーニングをする事で理想の体に近づく事ができますしメリットが大きいのです。

merit2

仕事などでの対人関係でも、筋肉を付けていると劇的に違ってきたりします。当たり前のことですが、筋肉を付けて強くなっても、暴力を振るったり言動が乱暴であってはいけません。あくまで紳士的であるべきです。しかし、強そうな人間には人は本能的に喧嘩を売ったりしないものです。年下だけでなく年上、上司であったとしても、本能的な行動をしてしまうもの。上からガミガミ叱責するタイプの上司でも、マッチョな部下に対してはやはり少しマイルドな接し方になるはずです。本能的に畏怖を覚えている相手には一目置くようになりますし、そうなれば同じような仕事の結果を出していても、マッチョな人とそうでない人では、マッチョな人の成果を重んじる傾向にあります。
自分自身の心境的にも、筋肉質な体をしていると自信が付くものです。自信をもって行動するのとそうでないのでは、結果に大きな差が出ることもしばしばです。また、自信が姿勢にも表れ、背筋が正しくなるので、相対している人にも好印象を与えることができます。

まず気になったら筋肉サプリメントを飲むようにしてください。
このように、筋肉を鍛える事によるメリットは非常に多いのです。さらに、筋肉を鍛えると同時に行った方が良い事も考えてみます。
まず、髪型を整える事です。髪型が相手に与える印象はとても大きいものです。いくら体がマッチョであっても、髪が伸び放題のボサボサではちぐはぐな印象を与えてしまいます。短めにするか、きちんとセットして清潔感を出したいですね。
また、日焼けもしておくとスポーティーさと強さ、健康を演出できます。
筋トレはローコストですぐにでも実践でき、効果も高いですから是非やってみることをおすすめします。

マシーンを使わなくても大丈夫!お腹周りのトレーニング法と筋肉サプリメント

トレーニングマシーンと筋肉サプリメントサプリによる筋トレ

onakamawari1

私も友人や知人の効果的だった体験談を聞いて、自室に本格的なトレーニングマシンを設置してみたいと考えていたのですが、現実的に見れば六畳ひと間の狭い部屋に大きなトレーニングマシンを置くというのは現実的とは言い難く、結局それはもう少し経済的に余裕が出来、広い部屋に引越す事が出来た後で・・としばらくは我慢する事になったのでした。
トレーニングマシンを利用出来ない状況で一番筋トレが非効率となってしまうのは、やはり腹筋周りのメニュー。上半身であればダンベルやチューブ、プッシュアップを始め本格的なマシンを使わなくとも出来る効果的なメニューが多いのですが、こと腹筋となると足首をしっかりホールドしてくれる室内の部位やアイテムを見つけ出すのが大変で、結構しんどいのです。
現在では仕方なく折り畳み式ベッドの脚に足首を何とか絡ませ、上半身を起こせる状態を整えてから慎重に腹筋トレーニングを行っているという具合。力が入り過ぎてしまうと時折ベッド自体が持ち上がってしまったり、絡めた足首がすっぽ抜けてしまったりと大変なのですが、こんなトラブルにも慣れるしかありません。ルームシェアしている同居人でも居れば足首を支えてもらうといった事も出来るのでしょうが、残念ながら1人暮らしであり全て自分だけの力でこなさなければならないのです。もちろんトレーニングを終えた後は筋肉サプリメントを飲むようにします。

onakamawari2

そこで最近では仰向けに寝て行う腹筋トレーニングの方法を止め、立った状態で強くロングブレスを行いながら腹筋に力を入れ、太ももを交互にお腹に引き寄せるというメニューを好んで行っています。意外と腹筋全体に掛かる負荷は大きく、お腹の筋に効いていると実感出来るものです。
また同じ仰向け寝の状態でも上半身を起こす方法では無く、両足を上げるレッグレイズという方法を覚え、これらを組み合わせて腹筋トレーニングを行っています。上半身と比べそれ程長いインターバルを取らなくとも好きな時好きなだけ行え、大変便利なものです。実際毎日起床直後の10分程度の時間を使って行っていますが、今のところ全く疲労を感じる事なく過ごせています。
これらの室内メニューに加え、2週間に1度くらいの頻度で近隣にある市営プールに出掛け、時間内ひたすら水中歩行に費やしています。自分でもあまり無理をしていない感覚なのに、プール上がりの時は意外と汗をかいており、そこでかなりの負荷が掛かっていた事に気付くという位。こちらも下半身に対するトレーニングとして必要不可欠なメニューとなっているのです。

腕だけでなく上半身全体も筋肉サプリメントで理想の体に

上半身から二の腕にかけての筋肉はダンベルとサプリで作る!

zyouhanshin1

上半身から二の腕にかけての筋肉を付けたくて、10キロのダンベルを近くのホームセンターで購入してからおよそ1年の月日が過ぎました。およそ4日に1回のペースを守り鍛え続けてきた成果がようやく最近になって現れたのか、腕や胸板から余計な脂肪が消え動きも何となく軽やかになった様な気がします。

筋肉サプリメントを飲む事も当然ですが続けています。鏡で見ると、これまで脂肪で覆われ分かり難かった筋肉の割れや膨らみもほんのり視認出来る様になり、ようやく見た目にその成果が現れてきたのかとホッとしているところです。一般と比べればトレーニングに割く時間が短い分その効果が現れるまで結構な時間が掛かりましたが、その効果をこの目で確かめられましたから、今後も飽きずに今迄のモチベーションを維持してゆけそうな感じです。
ただアームカールで二の腕だけを鍛えていても胸板を始め上半身のパーツがそれに追従してこなければ無駄ですから、同時に逞しくなりつつある腕を支える上半身のトレーニングも重要となります。トレーニングに関しては素人の私でもバランスは大事と考え、ダンベルだけでなくプッシュアップやチューブを使った大胸筋周辺のトレーニングも欠かさず行ってきました。

zyouhanshin2

トレーニングを始めた頃は職業柄、少々の力仕事でも筋力アップの為になると積極的に引き受けてきたのですが、まだ筋肉の付き方もアンバランスだったせいか時折肩が抜けた様になってしまい、痛みも後々まで残るケースが多かったのです。ですがその後腕だけでなくそれに続く肩や胸の筋肉も意識して鍛えた結果、現在ではその様な症状も全く起こらず、かなりの負荷が掛かる仕事でも快適にこなせる様になったのです。
トレーニングにより上半身が全体的にブラッシュアップしたせいか、比較的ピッタリなシャツやジャケットを着ても見た目が貧相に感じなくなったというのは嬉しいものです。ムキムキの逆三角形とはいかないものの、胸板や肩幅に張りが出てくると鏡を見ても格好良く見え、自然と嬉しくやる気も出てくるものです。まだ厚手の上着やスーツを着ると全く目立たなくなってしまう程度ですから、やはり今後のトレーニングの頑張り次第といったところでしょうか。
今のところは自宅にある前述のトレーニング機器だけで十分効果的なトレーニングがこなせているものの、早1年経ちそれなりに慣れてくると逆に負荷を感じなくなってくるものです。始めは負荷を上げるべくダンベル等の買い替えも検討したのですが、今では基礎的な体力も付いた事だし、そろそろ本格的なジム通いも検討してみようか・・とも思っています。