2016年 12月 の投稿一覧

お金をかけないで筋肉を増やすには筋肉サプリメントが最適!

お金をかけない筋肉トレーニングに最適な方法とは

okanewokakenai1

よく最近では、ジムなどが流行っています。
ジムは完備もしっかりしているし、トレーナーも多数在籍しており分からないことは聞けばどうにかなるのでとても便利な所です。
しかし体を鍛えたいのであれば場所など関係ありません!!
今はトレーナーなどいなくてもネットで調べれば大抵の事は乗っていますし、それに機械など使わなくても体を鍛えられる事は可能なのです。
機械は使いやすい。カッコイイ。飽きない。と様々な理由があると思いますが、確かに機械を使ってトレーニングはとても楽しいですし効果が早く出るような気はします。
しかし筋肉というのはすぐにつくものでもないですし、簡単な事ではないのです。簡単であればみんな筋肉質になってますしね。
ですので、地味に家などでお金を掛けずにトレーニングをしていても良いのです!
家でトレーニングのメリットとしては移動時間がない。移動時間があるなら、少しでもトレーニングできますよね。
そして最大のメリットがケガをする確率が機械を使った時に比べて少ない!と言うことです。
自分の体の重さを使っての運動はケガも防げて体も鍛えられると一石二鳥なのです。
ですので私はジムに行くのもリフレッシュが出来て良いとは思いますが、家などで自分の体を使ってトレーニングをする事をお勧めします。

okanewokakenai2

次に自分の体を使ってどんなトレーニングをしたらいいかですが。
沢山ある中で数個紹介したいと思います
まず1つ目は【腕立て伏せ】
誰もがしっている腕立て伏せですが、やり方は多数あります、脇を絞めてする腕立ては主に上腕三頭筋を鍛えます。これでプルプルの二の腕は解消されるでしょう。
そして、逆に脇広げてやる腕立て伏せは上腕二頭筋を鍛えられ、力こぶを大きくすることができます。
二つともしっかりとまっずくな姿勢でできない場合は膝をついてやってもかまいません。
そして、回数などは無理をせずに出来る回数にしましょう。
無理せずやって長くやる事がもっとも筋肉を付ける近道だからです。
そして、みなさんが勘違いされがち特に女性なのですがダンベルなどを使う時、軽いものでやれば腕は細くなると思っている方がいますが、軽い物を使っていても数を多くすれば重い物を使ってやっていると同じ効果になっているので、お気を付けください。
また逆に筋力をつけようと軽い奴を100回やるより重い物を20~30回やった方が効果は出ますし、効率的ですので、みなさん、ぜひ効率的そして怪我なく、楽しくトレーニングをして健康な体つくりをしていってください。

そして筋肉サプリメントを飲むことで効果をあげるのが一番なのです。

筋肉サプリメントでダイエットを兼ねて筋肉トレーニング

ダイエットが目的の筋トレには筋肉サプリメントが一番

diet1

私が懸命に取り組んだ筋トレ体験は二つあります。
一つはスポーツで活かす為に行った筋トレです。
もう一つはダイエットを目的とした筋トレをしました。
筋肉を付ける目的によって筋トレの内容は違います。
なので一口に筋トレと言っても私は二種類の筋トレを経験しました。
まずスポーツに活かす為の筋トレですが、これはスポーツで結果を出す為に筋肉を付けたので、最終目標はバキバキに筋肉が着いた体でした。
全身の筋肉を徹底的に鍛えました。
腕の筋肉は腕立て伏せ・500mlのペットボトルを持って走るように腕振り・鉄棒で懸垂を行いました。
腹筋にも沢山種類があり、腹筋の表面を鍛えるものや、体の奥の腹筋(深腹筋)を鍛えるもの等、10種類の腹筋を行いました。
また、効果的に鍛える為に通常の腹筋・背筋を行う時には、段差のある所で行い上半身が絶対に地面に着かない状況で行いました。
これ以外の部位に関しても、一種類だけでなく様々な方法で行うことで、バランス良く強い筋肉を付けました。
重りを着けたり様々な負荷を掛けて行うなど工夫しました。
更にバキバキな体を目指していたので、効率よく筋肉を付ける為に筋トレをした後はプロテインを飲んでいました。
沢山トレーニングをするので、体が痛め付けられます。
なのでマッサージをしてケアしながら日々筋トレを行っていました。

diet2

そしてもう一つのダイエットを目的とした筋トレですが、まずは脂肪を落とすことから始めました。
筋肉が脂肪の上についてしまうと、脂肪が落ちなくなってしまうからです。
ウォーキングである程度脂肪を落とした後に体を引き締め、更にリバウンドしない体を作る為に筋トレを行いました。
スポーツの為に筋肉を付ける時とは違って、少し易しい筋トレです。
この時は腹筋をするにしても、腰を痛めない方法を優先したりして行いました。
過剰な負荷を掛けてしまうと体を痛めるので、そうはならない程度にしていました。
更に様々な種類を取り入れることなく、一般的な筋トレのみを行いました。
そしてバキバキ体型を目指して毎日トレーニングしていた時とは違い、三日トレーニングして一日休むペースで行っていました。
筋肉を付ける目的も、それに合った方法も様々ですが、筋トレをする上で大切なのは、しっかり呼吸をしながらゆっくり行うことです。
腹筋一つを取っても、早いペースでやればいい訳ではありません。
寧ろゆっくり体を倒し、ゆっくり体を起こした方が効果があります。
そしてもう一つ大切なのは、鍛えている部位を意識しながら行うことです。
よく音楽を聴きながら、など何かをしながら同時に行うなんてこともありますが、しっかり意識してやることでより効果が生まれます。

筋トレをするメリットはこれだ!まずは筋肉サプリメントを飲もう!

筋肉のついた逞しい肉体は男女問わず、誰でも憧れるものです。

merit1

ここでは男性が筋肉を鍛えるメリットを考えていきます。
まず、女性受けしやすいというのが最大のメリットではないでしょうか。女性によってはあまり筋肉ムキムキの体は気持ち悪い、怖いと言う人がいますが、多くの女性は筋肉質な男性には多少なりとも興味をそそられるようです。積極的なタイプの女性なら、初対面でも腕の筋肉を触ろうとしてきたりしますので、一気に親密度が上がるわけですね。
また、筋肉を付けて均整の取れた体型をしていると、普通の何てことないTシャツを着ているだけであっても、格好良く見えるという事もあります。貧相な体をした男性があれこれコーディネートに苦心して着飾ったところで、清潔でシンプルな格好をしたマッチョには勝てないというわけです。
筋肉サプリメントを飲みながらもトレーニングをする事で理想の体に近づく事ができますしメリットが大きいのです。

merit2

仕事などでの対人関係でも、筋肉を付けていると劇的に違ってきたりします。当たり前のことですが、筋肉を付けて強くなっても、暴力を振るったり言動が乱暴であってはいけません。あくまで紳士的であるべきです。しかし、強そうな人間には人は本能的に喧嘩を売ったりしないものです。年下だけでなく年上、上司であったとしても、本能的な行動をしてしまうもの。上からガミガミ叱責するタイプの上司でも、マッチョな部下に対してはやはり少しマイルドな接し方になるはずです。本能的に畏怖を覚えている相手には一目置くようになりますし、そうなれば同じような仕事の結果を出していても、マッチョな人とそうでない人では、マッチョな人の成果を重んじる傾向にあります。
自分自身の心境的にも、筋肉質な体をしていると自信が付くものです。自信をもって行動するのとそうでないのでは、結果に大きな差が出ることもしばしばです。また、自信が姿勢にも表れ、背筋が正しくなるので、相対している人にも好印象を与えることができます。

まず気になったら筋肉サプリメントを飲むようにしてください。
このように、筋肉を鍛える事によるメリットは非常に多いのです。さらに、筋肉を鍛えると同時に行った方が良い事も考えてみます。
まず、髪型を整える事です。髪型が相手に与える印象はとても大きいものです。いくら体がマッチョであっても、髪が伸び放題のボサボサではちぐはぐな印象を与えてしまいます。短めにするか、きちんとセットして清潔感を出したいですね。
また、日焼けもしておくとスポーティーさと強さ、健康を演出できます。
筋トレはローコストですぐにでも実践でき、効果も高いですから是非やってみることをおすすめします。